生理の時は肌荒れ(外的要因と内的要因があるといわれています)になりやすいというのは、女性ならどんな方でも実感していることではないでしょうか。 生理前や生理中には、吹き出物(皮膚にできる湿疹などのできものをいいます)が可能でやすくなりますし、いつも使っているはずの化粧品(価格の大半は広告費にあてられているのだとか。原価率がものすごく高いという話です)が合わなくなったりしがちです。 これは、生理前や生理中には、ホルモンバランスが乱れやすくなり、皮脂の分泌量が増えるためそうです。 それに、生理前、特に生理中の肌はとても敏感ですから、刺激を与えてしまわないようにいつも以上に注意する必要があるでしょう。 例えば、洗顔を普段よりも丁寧にしたり、メイクを控えめにして肌に負担を掛けないように心がけると、肌荒れが起きにくくなります。 人により、生理前や生理中は肌の状態に合わせて、スキンケアに使うものを変えるくらい徹底していることも。 それから、鉄分(成長期の子供や妊娠中の女性はもちろん、痔の方は特に積極的に補うべきでしょう)やビタミンといった生理の時に特に不足しやすい栄養素を積極的に摂ることも肌荒れの予防や改善に役だちます。 また、間違っても新しい化粧品を試したり、脱毛したり、ヘアカラーを用いたりしないなさってくださいねー